栃木県宇都宮市の訪問看護のことなら、うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと

 
 

ステーション日誌

ステーション日誌
フォーム
 
訪問リハビリを経験してみての印象
2017-03-13
日誌更新している私もそうでしたが
訪問リハビリってどういうものか入職前はなかなかイメージ出来ませんでした。
 
そこで今回は訪問リハビリを経験してみての印象をお伝えしてみようと思います。
 
自分のなかでは家庭教師や電気工事屋さんみたいな
 
『技術営業職』
 
が近いイメージかな?と感じています。
 
特徴としては
 
・身体面だけではなく、利用者様ご本人のキャラクターや環境の要素がからむ
・直接生活を評価してアプローチ出来る
・利用者様やご家族に説明や提案して同意を頂くプロセスが多い。
・利用者様に受け入れて頂くために人柄や礼儀、コミュニケーション能力が要求される。
・急変時のリスク管理能力が要求される。
・色々な要素が絡むので正解は一つではない。
・利用者様と深く長く関わることが出来る。
 
といった感じです。
 
大変な事も多いですが
利用者様とコミュニケーションを取りながら
生活をよりよい方向に変えていくのは非常に充実感を感じています。
 
 
 
「まちのかかりつけ保健室 うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと」
 
満開の梅♪
2017-03-10

3月も中旬に入り梅も満開になってきました。

利用者様のお庭に綺麗な梅の木があったので、一枚撮らせて頂きました。

慣れ親しんだ環境で、季節を一緒に感じることが出来るのは、訪問看護・訪問リハビリの醍醐味の1つだと思います。

...

日付の見当識能力が低下している利用者様ですが、この時は「もうこんな季節なんだね〜」と四季を感じることができ、会話により花が咲きました!

 

 
 
 
「まちのかかりつけ保健室 うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと」
 
運転免許に関して
2017-03-08
栃木で暮らしていると
生活の移動手段として自動車は必須だとつくづく痛感します。
 
そこで今回は病気で障害を負ってしまった場合、
運転再開にはどういう手続きが必要かを記載致します。
 
①まず警察署に行って相談します。
 そこで現在の状況を確認してもらい、
 主治医の診断書が必要かどうか判断してもらいます。
 必要な場合は警察署で所定の用紙を頂きます。
 
②病院に行き診断書が必要な場合は主治医に診断書を書いてもらいます。
 
③免許センターに行って適正検査を受けて合格すれば
 運転が出来るようになります。
 この場合に身体の状態によって、
 安全に運転するための必要な条件の変更が行われる場合があります。
 
以前訪問で自動車運転を希望された方がいらっしゃって、
警察署に問い合わせた時の回答がこのような流れでした。
 
利用者様には訪問では車の乗り降りやハンドル操作のためのアプローチを実施し、
その後免許センターで検査を受けて頂きました。
 
私達としては運転免許取得のお手伝いをすることで生活範囲の拡大にすこしでもお役に立てれば幸いです。
 
 
 
「まちのかかりつけ保健室 うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと」
 
外出先のバリアフリー情報
2017-03-06
外出先の施設や観光地がスロープやエレベーター、
車椅子の介助や貸し出しがしてあるかがわかると便利ですよね。
 
バリアフリーの情報をまとめてみました。
 
おでかけガイド宇都宮
 
車椅子でおでかけバリアフリーマップ
 
全国バリアフリー旅行情報
 
ゆこゆこ 身体に優しい施設情報
 
 
 
「まちのかかりつけ保健室 うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと」
 
ニコのお見送り♪
2017-03-06
みんなの訪問を見送るニコ。
 
みんな訪問頑張ってきてね~。
 

にこっとの事務

にこっとの事務
<<うつのみや訪問看護リハビリステーション にこっと>> 〒321-0901 栃木県宇都宮市平出町1777-3 TEL:028-660-2510 FAX:028-678-6900